一覧へ戻る

もしも渋谷にオフィスビルがなかったら?

相次ぐ新興感染症により、企業のリモートワークが推進され、オフィスビルからのテナント撤退が続く2030年の渋谷。「オフィスビル」という存在は形骸化し、渋谷はハレとケのハレの場として機能する祝祭空間としての都市に変化していったとしたら...。
現在、再開発と新型コロナウイルス感染症の影響で、都市のオーセンティシティを担保するような小規模な飲食店やクラブ、ライブハウス、アートギャラリー等が減っていますが、オフィスビル亡きあとの渋谷はいかなる都市に変容を遂げるのでしょうか? クリエイティブクラスが集い、都市そのものがインキュベーションハブとして機能する都市なのか、空洞化からの回復は不可能なのか──。
アムステルダムのナイト・メイヤーを務めたミリク・ミラン氏は、「夜」がもつ3つの価値のひとつとして “ナイトソーシャライジング“を定義し、昼の肩書を忘れて交流を深める夜独特のコミュニティこそが重要だと提唱しています。そしてわたしたちは、“カルチャー感“のある商業施設や駅前に並ぶ商業施設ではなく、あらゆるジャンルの人が意識せずに集う個人の経営するコアなバーやクラブ、狭いアートギャラリーといったストリートでこそソーシャライジングは起き、新たなる文化が生まれ、それが都市の価値として還元されていくのではないかと考えています。ナイトカルチャーや感性からの場所の検索といった領域で活動し、20代を渋谷で過ごしているわたしたちが、2030年に向けた渋谷の街の課題とポテンシャルを探ります。

Keyword :
  • #渋谷
  • #ナイトタイム
  • #ナイトタイムエコノミー
  • #カルチャー
  • #都市開発
  • #クリエイティブシティ
プロジェクト名:
もしシブ
メンバー:
  • 鎌田 頼人
  • 岡田 弘太郎
  • 鈴木 綜真
  • 古島 海
  • 木村 亮裕
  • 廣石 健太
  • 丸山 直樹
  • 秋元 Yumi Matilda
Keyword :
  • #渋谷
  • #ナイトタイム
  • #ナイトタイムエコノミー
  • #カルチャー
  • #都市開発
  • #クリエイティブシティ