• QWS
  • プログラム

プログラム

大学をはじめとするさまざまな領域のパートナーと連携し、価値創造を加速させるSHIBUYA QWSオリジナルのプログラムです。プログラムは、「出会う」「磨く」「放つ」をキーワードに、それぞれの問いを掛け合わせることで、かつてない化学反応を次々と起こし、領域横断的な価値を生み出します。

  1. SCRAMBLE Ⅰ

    出会う

    未知の問い・感性に
    出会う

    多様な領域を横断し、普段会わない人と出会い、普段見ていない角度で物事を見ることで、新たな問いを生み出すプログラム。

  2. SCRAMBLE Ⅱ

    磨く

    問いを磨き
    プロジェクトを発展させる

    芽生えた問いを、多様な人や知性、技術と交差させる。問いを重ね合わせることで、問いを深め、広げ、磨き、大きく変化させるプログラム。

  3. SCRAMBLE Ⅲ

    放つ

    「問い」から生まれた可能性を
    社会に放つ

    問いから生まれた新たな可能性を、拾社会へと飛び立たせる。多様な機会を用意して社会実装を支援するプログラム。

プログラム一覧

QWSチャレンジ

  • 磨く
  • 放つ

採択員

  • 熊倉純子

  • 栗栖良依

  • 遠山正道

  • 長谷川愛

  • ハヤカワ五味

  • 林千晶

  • 宮城治男

「もやもや」が好きです。
パリっとした課題解決案にはもちろんドキドキしますが、
当たり前だと普通は見過ごしがちなことに、ついついもやもやしちゃうような、妄想力にわくわくするタチなんです。
無用の美に心血を注ぐ情熱!でも、妄想を実現する緻密な計画も欠かせません。
天使のように大胆に…悪魔のように細心に…
ー熊倉純子

新しい創造は、いつも誰かの新しい「問い」から生まれているのかもしれない。
自分では考えたことのないような「問い」に出会いたいし、自分の視点が誰かの「問い」のヒントに繋がったら嬉しいです!
ー栗栖良依

「なんでこうなっちゃうの?」という疑問や苛立ちからSoup Stock Tokyoは生まれた。
自分の「なぜ?」を発見しよう。
自分の「なぜ?」をキラメキに変えよう。
ー遠山正道

まず「問い」が的を得ていなかったら、答えもはずれてしまいます。
新しい価値に気づくことができるような、開眼するような、私も受け止めきれないかもしれない「問い」が投げかけられることを楽しみに待っています!
知的刺激に満ちた共生関係が醸されることを願ってます。
ー長谷川愛

課題解決がプロジェクトの基礎だと考えていますが、課題解決のためには素晴らしい課題発見・課題設定が必要です。
自分の気持ちに素直になり、周りをよく観察し、何が本当の課題なのか、言葉になっていないあなただけの“問い”と出会えることを楽しみにしています。
ーハヤカワ五味

渋谷は、不思議な街だ。
情報と新しい事業が、スクランブル(呼応)しながら成長する。
でもどんな情報が飛び交おうが、目指すところは変わらない。
そんな純潔なプロジェクトが、きっと世界を変えるのだ。
ー林千晶

2019年、新しい渋谷のシンボルとなるこの場は、これからの世界を面白くする拠点になります。
従来の枠組みを壊し、新しい社会の在り方をデザインしていくようなユニークなチャレンジが集まってくることを願っています。
誰が何といおうと、自分が信じて作りたい未来なら、今がトライするときです。
ー宮城治男

応募プロジェクトに向けたメッセージ

クエスチョンカンファレンス

  • 出会う

多様なバックグラウンドの登壇者が集い、多様な問いを混ぜ合わせながら未来の可能性を探るトークカンファレンスです。素朴な疑問から哲学的な考察まで、まだ答えにならない視点や意識が交差することで、思わぬ可能性が生まれるかもしれない。新しい問いが立ち上がる瞬間をお届けします。

スクランブルミーティング

  • 磨く

会員限定の予約制ミーティングです。「Scramble Society」の多様なプロフェッショナルと1対1で話せる場を提供します。自分の中に生まれた「問い」を、他者と磨き合う機会として活用できます。

QWSステージ

  • 放つ

QWSで価値創造に取り組むプレイヤー達が、「問い」から生まれた「未知の価値」を発表する場です。多様なプロフェッショナルが集う発表の場で「問い」を放ち、プロジェクトの次なる可能性を目指していきます。

QWSアカデミア

  • 出会う

パートナー

大学と連携した「問い」と出会うためのプログラムです。大学には多様な「問い」と向き合う研究者やプレイヤーがいます。「QWSアカデミア」は、単に知識が伝達される授業ではなく、双方向に刺激を与え合い、化学反応を生み出すことを目指します。

QWSカルティベーション

  • 出会う
  • 磨く

株式会社ミミクリデザイン 代表取締役 安斎勇樹

渋谷の新しい価値を見出す

「問いの感性」を養う「QWS Cultivation Program」の開発を行っています。ワークショップを通じて、SHIBUYA QWSに集まる人々の「問い」を深め、結びつけ、磨き、社会価値へと昇華させるためのプログラムです。渋谷には様々なバックグラウンドを持つ人々が集まります。多様な「問い」が交錯し、次々と化学反応が生まれる場として機能すれば、渋谷という街のポテンシャルが活かされるのではないでしょうか。今あるリソースを活かすだけではなく、「こんな渋谷もあったのか」という一面も見せることで、渋谷がアップデートされていくことに貢献したいです。

Q食(キューショク)

  • 出会う

NPO法人ETIC.(エティック)

おいしいものを囲みながら、わいわいガヤガヤ色んな人が「問い」を持ち寄ったら、新しい可能性が生まれるかも?老若男女、領域不問。日本各地から様々なプレイヤーが集まり、「こんな新しい取組みってどう思う?」を、食べて話して歩き周りながら、アイデアを出し合うイベントプログラムです。

地域に根付きながら、市場を切り開き、新しい見せ方・関係性を作ろうと考えてらっしゃる方々をゲストに招きます。心豊かに、時には挑戦的に楽しみながらチャレンジしている様子がきっと伝わるはず。

Hachiko PITCH

  • 出会う

「出会いたい人に出会える」ピッチイベントです。多様な人々が待ち合わせをする「渋谷のハチ公」のように、様々なコミュニティからイノベーターが集い、未来の仲間に向けてピッチを行います。

リ/クリエーション

  • 出会う
  • 磨く

一般社団法人ドリフターズ・インターナショナル

いつものプロジェクトから一瞬視線を外して「遊び」や「余白」から、創造性を取り戻すプログラムです。第一線で活躍するクリエイティブ・リーダーらが率いるフィールドワークを通じて、身体に知識を蓄え、思考の流動性を高め、アート・デザインの視点をプロジェクトに繋げます。

アクセラレートステーション

  • 磨く
  • 放つ

プログラム提供組織や法人等と連携し、多様なプロジェクトが放たれるプラットフォームを担います。