QWSの活用法

 

SHIBUYA QWSの使い方はあなた次第。QWSには多様なバックグランドを持つ魅力的なプレイヤーが沢山います。あなたひとりでは気づけなかった視点やアイデアも、QWSのコミュニティやプログラムを利用することで発見できるかもしれません。

さあ、あなたらしい使い方でQWSを使いこなしてください。

異分野と「こんにちは」

新しい発想は異質なもの同士の出会いから生まれる。QWSには様々なバックグラウ ンドを持つ魅力的なプレイヤーがいる。最初は自信がなくて様子見だったけど、勇気を 出して問いかけたり、QWSプログラムに参加したり、異文化交流・他流試合に巻き込 まれることで、だんだんと自分の知らない「未知」が見えてきた。

誰かの問いでシミュレーション

他の人のプレゼンや制作物から新しいインスピレーションが湧くこともある。もしも自分 だったらと考えて、勝手に続きを想像したり、リスペクトを込めてアイデアをリミックスし てみたり。ときには誰かの問いを自分の問題に置き換えて妄想してみると、思わぬ価値 が創造されたりする。

思い立ったらセッション

ひとりで試行錯誤もいいけれど、仲間を集めてやる方が楽しいこともある。ピッチイベ ントなどを通じて意気投合した仲間とチームを結成して、共通のテーマについて対話し たり、実験したり。勇気を出して自分の問いをセッションできると、思ってもみなかった新 しい可能性に出会うことができる。

キッチンと問いを囲んで井戸端会議

いつものミーティングやブレストを、食 事と飲み物を用 意したキッチンテーブルでの ディスカッションに変えてみた。美味しい食べ物や飲み物とみんなの好奇心をおつま みに、お互いの問いを深め合うのもQWSでの楽しみの一つ。

分からないから楽しめる

結果が分からないからこそ、チャレンジしたくなる。QWSには正解なんてどこにもない から、無謀だと思われることにもどんどんチャレンジしていける。様々なバックボーンを 持つ多様なメンバーと関わり、チームを作ることで自分の問いや価値観が変化する。そ の変化さえ楽しめるようになると、自信は確信になり、アイデアはもっと加速する。

真剣に遊ぶ、真面目にふざける

創造力アップには本気で遊ぶのも大事。プレイグラウンドでは、ディスカッションやブレ ストだけじゃなく、身体をフルに動かした演劇や体操もできる。遊びも取り込み、これまで とは違う角度から課題に触れてみることで、斬新なアイデアを生み出すきっかけになる。

未完成を愛でてもらおう

見方や使い方が固まっていない未完成品は発展途上の宝物。商品のプロトタイプや お試し中の作品も、クロスパークで実証実験をしてみると、問いの感性をもつQWSメ ンバーが自分ゴトとして反応してくれる。どんな段階でも、実際に見て触れてもらうこと で、スクランブルは深まっていく。

可能性に立場は関係なし

QWSには、QWSメンバーの活動に共感し、支援してくれるプロフェッショナルたちが います。普段だったら気が引けてしまう相手でも、QWSの中なら思い切って自分の活 動を自慢してみよう。アドバイスやフィードバックを超えて、もしかすると一緒にプロジェ クトを始められるチャンスかも。

QWSの外も射程圏内

QWSで定期的に開催されるピッチイベントに参加すると、形にした「 可能性の種 」を 沢山の人の前で発表することができる。それがチャンスにつながれば、活動の幅は一気 に広がり、いつか社会を変える新しいムーブメントになる。