Service Design Scramble vol.10 他社のサービスを勝手に考える新サービス発想ワークショップ(SHIBUYA QWS共催)

2024.02.29(木)
SDSバナー

イベント概要

日付
2024/02/29(木)
時間
13:00 - 17:00
場所
CROSS PARK (SHIBUYA QWS内)
参加費
無料
定員
60名

About

常識を壊すには、常識を知覚しないといけない

VUCAの時代と言われ、複雑で予測不能な時代に突入した現在。何が正しくて間違っているのか、絶対的な答えを出すことは極めて難しい状況です。

そんな時代にビジネスパーソンに求められるのは、事業や組織を変革するために、固定観念や既存の常識にとらわれない発想力と組織を超えた共創の推進力といえるのではないでしょうか。

こうした力を伸ばすために、まずはあなたの無意識にある「当たり前」や「思い込み」を可視化して、異なる視点や立場の人々とアイデアを混ぜ合わせ新しい気づきへと飛躍させていきます。

 

自らの思い込みから解き放たれて、共創する

「Service Design Scramble」は様々な業種や職種の参加者が1つのチームになり、テーマオーナーとなる方の自社で抱える課題をテーマにして、新しいサービスのアイデアを考え合う共創のワークショップです。

“定説”という常識を逆転させるワーク内のプロセスによって、自らの思い込みが融解した状態でチーム内で協調し課題に取り組むことで、共創の感覚が生まれ予想外なアイデアへと繋がっていきます。

誰かのためにアイデアを出すことで自分自身も新しい視点を獲得できることや、業界の当たり前にとらわれず”勝手に”アイデアを出すことで新しい着想が得られることを体験します。

SDSのワークプロセス。「定説」と「逆説」の視点を駆使し、対話を通じて新しい視点の抽出を目指します。

[12社限定] テーマオーナーを募集します!

テーマオーナーになると、自社の事業課題をお題(テーマ)として設定できます。この機会にテーマオーナーとなり多様な視点の力を借りて、常識を覆すアイデアの種を探してみませんか?
■テーマオーナーをご希望の方へ

  • 参加申込みフォームにてテーマオーナーの希望を受け付けております。
  • ご応募いただいたテーマについて検討し、2/15(木)を目処にご連絡いたします。
  • テーマは参加者が議論しやすいように、調整を提案させていただくことがございます。
  • ご希望いただいても内容や希望者数により見送らせていただく場合もございます。
  • テーマが採用されない場合もご希望であれば一般参加者としてご参加いただけます。

■これまでのお題例

  • 新しいATMの使い方
  • 地域ガス会社の新しい役割
  • 地方大学のユニークなプログラム
  • 自宅の風呂場の新たな価値を創造する新サービス
  • 地域の課題を解決するモビリティを使った新しい観光事業

 

  

これまでの参加者の感想

発散と収束のバランスがとてもよくうまくアイディエーションにつながるワークショップデザインとなっていてとても勉強になりました。(新聞社・編集)

アイデアを考える上でのフレームワークとして非常に勉強になる時間でした。 また、他社の皆様と議論する中で、自分の頭の中で凝り固まっていた部分や、足りていなかった視点が浮き彫りになりました。(製造業・マーケティング)

自分からこんな面白いアイディアが出てきたことにびっくりした。(マーケティング業界・プランナー)

現場だと調整コストの観点で、同質性の高いメンバーでの議論が多いので、このようなワークショップは有意義でした。(スポーツ業界・代表取締役)

個人や自組織内の閉じた発想ではなかなか出てこない考え方があり、やはり多様な人たちが交差する場は大事だなと再認識しました。(IT通信業界・新規事業開発)

Program

12:40 開場

13:00-
13:10

Introduction
株式会社ロフトワーク マーケティングリーダー 岩沢 エリ

13:10-
16:20


Service Design Scramble vol.10 ~
他社のサービスを勝手に考える新サービス発想ワークショップ~
①定説を発見する ②定説を逆説に変換する ③逆説からアイディアを生む ④アイディアから視点の抽出
の4段階の手法により、それぞれ自らの思い込みから脱却し共創して新サービスを発想する


16:20-

16:30

Share & Summary
株式会社ロフトワーク マーケティングリーダー 岩沢 エリ
株式会社ロフトワーク マーケティング 船岡 美樹
16:30-
17:00
懇親会
ファシリテーターと参加者でワークショップを体験して気付いたことや発見したことなどを共有し合ったり交流する時間です

Speaker

岩沢 エリ

株式会社ロフトワーク, Culture Executive/マーケティング リーダー

岩沢 エリ

株式会社ロフトワーク, Culture Executive/マーケティング リーダー

東京都出身、千葉市在住。大学でコミュニケーション論を学んだ後、マーケティングリサーチ会社、不動産管理会社の新規事業・経営企画室を経て、2015年ロフトワークに入社。マーケティングチームのリーダーとして、ロフトワークのコミュニケーションデザイン・マーケティング戦略設計、チームマネジメントを担う。2022年4月からCulture Executiveを兼任し、未来探索と多様性を創造力に変えるカルチャー醸成に取り組む。最近では、「分解可能性都市」をテーマに、生産・消費に加えて分解活動が当たり前となる都市生活へシステムチェンジするためのデザインアプローチを探究している。1児の母。

船岡 美樹

株式会社ロフトワーク, マーケティング

船岡 美樹

株式会社ロフトワーク, マーケティング

千葉県船橋市出身。「クリエイティブの流通」というミッションに共感し、2020年にロフトワーク入社。プロデューサーを経て、2021年からマーケティング部門に所属。CRM(顧客関係管理)担当として、お客様との関係づくりをミッションに、メールコミュニケーションや、ロフトワークの各拠点・プロジェクトを紹介するツアーなどを実施している。趣味はクラシックギター演奏、音楽鑑賞、美術館巡り。

Outline

参加費 無料
会場 SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
〒150-0002東京都渋谷区渋谷2丁目 渋谷スクランブルスクエア15F
対象

・企業、行政などで新たな枠組みでの事業・サービス開発を担う方
・新規事業創出、イノベーション創出を担う方

主催 株式会社ロフトワーク
共催 SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
締切日

・テーマオーナーお申込み 2月14日㈬ 19:00
・一般参加お申込み 2月21日㈬ 19:00

定員 60名
ご注意

・申込多数の場合、抽選となる可能性がございます。ご了承ください。
・ 申込締切後、当選となった方に改めてご連絡いたします。
・参加者の皆さんの写真や議論の内容は後日loftwork.comに掲載する場合があります。
・競合他社からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます
・プログラムは予告なく変更される場合があります

■ABOUT SHIBUYA QWS
2019年11月1日、渋谷駅直結・直上に開業した渋谷スクランブルスクエア。SHIBUYA QWS(以下QWS)は、その15階に位置する会員制の施設です。「渋谷から世界へ問いかける、可能性の交差点」をコンセプトに掲げ、多様なバックグラウンドを持つプレイヤー達の[問い]を交差させることで、未知の価値に繋がるムーブメントを生み出すことを目指しています。
https://shibuya-qws.com/

■SHIBUYA QWSにお越しになる方へ ※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点で、ご同意頂いたとみなします)
・SHIBUYA QWSエントランスでの検温・手指の消毒、館内でのマスク着用をお勧めいたします。
・検温で37.5°以上の場合、ご入館をお断りさせていただくことがございます。
・感染を疑う症状が出ている場合や当日体調が優れない場合はご来館をお控えいただきますようお願いいたします。

■ご回答をいただいた個人情報を含む内容について
今後のイベント等のご案内、個人を特定しない形での統計データ収集のために使用し、これ以外の目的には一切使用いたしません。なお、いただいた個人情報は渋谷スクランブルスクエア(株)の個人情報管理規定に基づき、管理し、また、使用後は適切な方法で廃棄処分いたします。

■当イベントの記載情報について
登壇者やプログラムに関する情報については、変更や追加決定事項があり次第、随時更新をさせていただきます。

Contact Us お問い合わせ

お気軽にお問合せください
お問い合わせ