一覧へ戻る

  • QWS
  • イベント
  • 【問いによる対話】「問い」同士が交差することによって、新しい「問い」は生まれるだろうか?

イベント終了

‘19/11/30 (土)

- ‘19/11/30 (土)

【問いによる対話】「問い」同士が交差することによって、新しい「問い」は生まれるだろうか?

Keyword :
  • QWSカルティベーション
  • 問いによる対話

イベント概要

日付

2019/11/30(土)~
2019/11/30(土)

時間

14:30-16:30(開場14:00)

場所

プレイグラウンド (SHIBUYA QWS内)

参加費

1,500円 (QWS会員無料)

『あなたの問いは何ですか?』
問うことは、この世の中を少し豊かにするかもしれない。

【問いによる対話】

「問い」同士が交差することによって、新しい「問い」は生まれるだろうか? それぞれが自分の中に生じた「問い」を持ちより、基本的な対話の姿勢を学びながら、それらについて語り合うことによって、新たな「問い」を模索していきます。対話によって「問い」が変化することを体感し、さらに深い「問い」への興味が生まれます。
※【問いへの入り口】を受講したことがある方のご参加を推奨します。

■イベント概要
日時:
2019年11月30日(日)14:30~16:30(14:00開場/受付)

タイムテーブル:
14:00~14:30 受付・開場
14:30〜16:30 QWS カルティベーションプログラム「問いによる対話」

会場:
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア15F
SHIBUYA QWS内 PLAY GROUND
※渋谷駅直結・直上

参加費:1,500円(QWS会員無料)

本イベントは、SHIBUYA QWS 独自のプログラムQWS カルティベーションプログラムをご体感いただくものです。「問い」を持った仲間と出会い、「問い」が立ち上がる瞬間から、対話や哲学的アプローチを通してそれぞれの「問い」が深まるプロセスを共に歩むなかで、日常の景色が変わって見えるかもしれません。

 

QWSカルティベーションプログラムとは・・・
QWS カルティベーションプログラム は、ワークショップやイベント、アカデミックリサーチの支援などを通して、「問う」力や感性を耕すことを主な目的とし、「問い」の可能性を社会へと広げていくSHIBUYA QWS 独自のプログラムです。
詳細はこちら:https://shibuya-qws.com/program/cultivation

こんな方におすすめのプログラム。
◆何かご自身の問いをお持ち方。
◆「問い」を持った仲間と出会い方。
◆「問い」が立ち上がる瞬間を体感したい方。
◆「問い」に興味がある学生の方。
◆「問う」とはどういうことなのかを考えたい方のご参加も大歓迎です。

プログラム監修:安斎 勇樹氏

株式会社ミミクリデザイン 代表取締役/東京大学大学院 情報学環 特任助教/NPO法人Educe Technologies 理事

東京大学大学院 情報学環 特任助教。東京都出身。私立武蔵高校、東京大学工学部卒業、東京大学大学院学際情報学府博士課程修了。博士(学際情報学)。商品開発、人材育成、地域活性化などの産学連携プロジェクトに多数取り組みながら、多様なメンバーのコラボレーションを促進し、創造性を引き出すワークショップデザインとファシリテーションの方法論について研究している。

■参加にあたってのご注意:
・イベントの参加申し込みは先着順となりますので、お早目にお申込みいただきますよう、ご注意ください。
・記録・広報などを目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影する場合があります。あらかじめご了承ください。
・参加にあたっては、こちらの【参加規約】の項目に同意したうえでお申し込みください

■イベント運営
【主催】SHIBUYA QWS
【共催】株式会社ミミクリデザイン 

■当イベントの記載情報について
登壇者やプログラムに関する情報については、変更や追加決定事項があり次第、随時更新をさせていただきます。(2019年11月9日更新)

イベント概要

日付

2019/11/30(土)~
2019/11/30(土)

時間

14:30-16:30(開場14:00)

場所

プレイグラウンド (SHIBUYA QWS内)

参加費

1,500円 (QWS会員無料)