一覧へ戻る

  • QWS
  • イベント
  • 【QWS de RINRIシリーズ】 新しいもの、受け入れられますか?シリーズ第7回「教育とは?」~QWSアカデミア(慶應義塾大学)〜

受付中

‘21/06/23 (水)

【QWS de RINRIシリーズ】 新しいもの、受け入れられますか?シリーズ第7回「教育とは?」~QWSアカデミア(慶應義塾大学)〜

Keyword :
  • QWSアカデミア
  • #QWSアカデミア #慶應義塾大学 #教育 #学校の役割 #オンライン授業

イベント概要

日付

2021/06/23(水)

時間

19:00-21:00

場所

Zoomウェビナー形式オンライン

参加費

無料

定員

150

新しいRINRIを考えるシリーズQWS de RINRIの第7回目です。

コロナ禍でオンライン授業がにわかに脚光を浴びました。その上で対面授業に戻すべきという声も高まっています。「教え方」ばかりが議論になって、そもそも何を教えたいのか、学校の役割が何なのか?という本質が後回しになっています。学力低下は著しく、大学の研究力も先進国最低レベルになっています。それがこの30年の日本の停滞の一助にもなっているのでしょう。

教育とは何か。学校の役割とは。

改めて考えてみたいと思います。

<開催日>

2021年6月23日(水)19:00~21:00

<参加費>
無料

<開催場所>
Webinar形式オンライン

※オンラインチケットにお申込み頂きますと、視聴用URLがメッセージで届きます。

<タイムテーブル>
18:30|会場/受付開始
19:00|QWS概要紹介
19:05|本企画の趣旨説明(慶應義塾大学教授 三木則尚)
19:10|「何を教えたいのか」(慶應義塾大学 三木則尚)
19:35|「学ぶを学ぶ」(京都大学 宮野公樹)
20:00|休憩
20:10|パネルディスカッション
20:40|全体質疑応答
21:00|終了、その後自由討議あり
21:00|閉会

登壇者プロフィール

三木 則尚(みき のりひさ)

慶應義塾大学理工学部機械工学科 教授

2001年東京大学大学院工学系研究科機械情報工学博士課程修了。博士(工学)。マサチューセッツ工科大学航空宇宙工学科ポスドク研究員、リサーチエンジニアを経て、2004年より慶應義塾大学理工学部機械工学科専任講師。2017年より同教授。マイクロ・ナノ工学をベースに、医療やICTへの応用研究を遂行中。2017年5月に新しい減塩を実現する株式会社LTaste創業。2015年より機械工学科において、技術者倫理教育を行う「創造と倫理」の授業を担当。QWS de RINRIシリーズモデレータ。慶應義塾大学理工学部国際交流委員長。慶應義塾大学体育会スケート部部長。趣味は、キューバ音楽、アメリカンフットボール、釣りなど。

宮野公樹(みやの なおき)

京都大学学際融合教育研究推進センター准教授。学問論、大学論、(かつては金属組織学、ナノテクノロジー)。96年立命館大卒業後、カナダMcMaster大学、立命館大,九州大学を経て2011年より現職。
総長学事補佐、文部科学省学術調査官の業務経験も。現在、国際高等研究所客員研究員も兼任する他、日本イノベーション学会理事。2008年日本金属学会若手論文賞、他多数。前著「学問からの手紙—時代に流されない思考—」(小学館)は2019年京大生協にて一般書売上第一位。論考「産学連携の形而上学」2020現代思想10月号記載は、朝日新聞論壇委員が選ぶ今月の1冊に選出される。近著「問いの立て方」(ちくま新書)。今年6月、一般社団法人STEAM Associationを設立し、代表理事。

■参加にあたってのご注意:
・イベントの参加申し込みは先着順となりますので、お早目にお申込みいただきますよう、ご注意ください。
・記録・広報などを目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影する場合があります。あらかじめご了承ください。
・本イベントの様子は写真や映像で記録させて頂きます。写真記録はブログなどでイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用は致しません。
・本イベントの録画・録音はご遠慮ください。

【オンラインイベント参加に伴う注意事項】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点で、ご同意頂いたとみなします)
・ZOOMの使用方法・操作方法については、本イベントではサポートできません。
・ZOOMの使用は、パソコンの場合はカメラ、マイク機能がついたもの、スマートフォンの場合はGoogleplayやAppstoreなどから事前にアプリのインストールが必要です。(インストールや使用は無料ですが、別途インターネット回線が必要です。)
・ZOOMインストールなどを起因とするPCトラブルなどは保証しかねますので、自己責任のもとご使用ください。
・各種アプリは最新版にアップデートしてからご利用ください。
・配信URLを他の方に知らせたり、SNSなどで公開しないようお願いします。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が発生する可能性がございます。
・予期せずネット環境が乱れる可能性がございます。予めご了承ください。
・本イベントの様子は写真や映像で記録させて頂きます。写真記録はブログなどでイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用は致しません。
・本イベントの録画・録音はご遠慮ください。
・プライバシー保護の観点から、無断に画面をスクリーンショットや撮影等をすることはご遠慮ください。
・後日配信するための動画の撮影や、チャットの事後共有を行う予定はございません。
・参加者とのチャットを使った双方向のやりとりを想定していますが、迷惑行為だと主催者側が判断した場合は、即時ご退場いただき、今後の参加をお断りさせていただくことがありますので、ご了承ください。

主催:SHIBUYA QWS Innovation 協議会
協力:慶應義塾大学理工学部

■ご回答をいただいた個人情報を含む内容について

今後のイベント等のご案内、個人を特定しない形での統計データ収集のために使用し、これ以外の目的には一切使用いたしません。なお、いただいた個人情報は渋谷スクランブルスクエア(株)の個人情報管理規定に基づき、管理し、また、使用後は適切な方法で廃棄処分いたします。

■当イベントの記載情報について
登壇者やプログラムに関する情報については、変更や追加決定事項があり次第、随時更新をさせていただきます。(2021年3月15日更新)