東京大学でオンライン授業はどう行われたか~QWSアカデミア(東京大学)~

2020.10.26(月)
cover-PvFbHduYwZr5HGnqVWSpcIDPwVBOhslS

イベント概要

日付
2020/10/26(月)
時間
18:00-20:00
場所
SHIBUYA QWS / オンライン
参加費
無料

1月下旬から日本国内でも感染が広がり始めた新型コロナウィルス感染症は、それまで全く予想していなかったものであり、大学の活動にも大きな影響を及ぼした。本格的に感染が拡大し、4月初旬には緊急事態宣言が発令されたため、2020年春、各大学では対面式の授業が実施できなくなり、ZOOMなどを用いたオンライン授業(オンデマンド授業)が行われた。
そもそも想定外の状況、必ずしも十分とは言えないインターネット環境、急な対応を求められた教職員、学生ではあったが、秋を迎えて、この春から夏の一学期間は何とか乗り切った感がある。

東京大学は、どのように問題をとらえ、どのような対策を行ったのか?さらに、どのような問題を依然として抱えていて、これからどう解決しようとしているのか?冬学期の授業が始まったこの時期に、東京大学の事例を踏まえて情報の共有を行いたい。

 

<開催日>
10月26日(月)18:00~20:00(SHIBUYA QWS開場 17:45) 

<開催場所>
東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア15階 SHIBUYA QWS内SCRAMBLE HALL
またはZoomウェビナーにて視聴
※チケット申込時にお選びください
※SHIBUYA QWSにお越しの際は、SHIBUYA QWSエントランスにて検温・手指の消毒・マスク着用にご協力をお願いいたします

 

<タイムテーブル>
17:45~|開場/受付開始
18:00〜|開会挨拶
18:15~|趣旨説明
      真船文隆 総合文化研究科教授
18:20〜|講演「東京大学でのオンライン授業について(仮)」
       鶴見太郎 総合文化研究科准教授
19:05〜|休憩
19:15~|パネルディスカッション
      津田敦 副学長
      太田邦史 総合文化研究科・教養学部長
      野城智也 生産技術研究所教授
      真船文隆 総合文化研究科教授
      鶴見太郎 総合文化研究科准教授
19:35~|質疑応答
19:50〜|閉会挨拶
      真船文隆 教授
20:00 |終了

登壇者

津田敦

東京大学副学長

津田敦

東京大学副学長

地域連携担当副学長として渋谷QWSの活動に参加している。専門は、生物海洋学、特に外洋性動物プランクトンの生理生態。授業や会議はどちらかといえば対面派。IT, IoTを苦手としており、この半年、大変苦労し、また周りに迷惑をかけてきたことか。

太田邦史

東京大学大学院総合文化研究科長・教養学部長

太田邦史

東京大学大学院総合文化研究科長・教養学部長

2019年4月より総合文化研究科長・教養学部長。新型コロナウィルスの感染拡大を受け、2020年3月より9,000人を抱える総合文化研究科・教養学部(駒場キャンパス)における対応を指揮している。

野城智也

東京大学生産技術研究所教授

野城智也

東京大学生産技術研究所教授

サステナブル・ビルディングを実現するために、センサーとネットワークを活用しているうちにIoTの世界にはまりこむ。著書に 「イノベーション・マネジメント: プロセス・組織の構造化から考える(第45回日本公認会計士協会学術賞を受賞)」、「生活用IoTがわかる本 暮らしのモノをインターネットでつなぐイノベーションとその課題(共著)」など、編書に「東大塾 IoT講義(共編・近刊)」など

真船文隆

東京大学大学院総合文化研究科教授

真船文隆

東京大学大学院総合文化研究科教授

教養教育高度化機構・機構長補佐、社会連携部門長。
本イベントを通じた、東京大学教養学部のオンライン授業実施に関するこれまでの動きと今後の展望についての発信を企画。
原子分子クラスターの構造と反応性の探索から新規物質開発を行っている。

鶴見太郎

東京大学大学院総合文化研究科准教授

鶴見太郎

東京大学大学院総合文化研究科准教授

2019年10月から20年9月まで研究科長補佐・学部長補佐。新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受け、総合文化研究科・教養学部(駒場キャンパス)でのオンライン授業の大規模導入・実施などを推進。特に教員・学生向けの案内や期末試験システムを担当。
ロシア系ユダヤ人やイスラエル国家・パレスチナ紛争に関する歴史社会学的研究。

■参加にあたってのご注意:
・イベントの参加申し込みは先着順となりますので、お早目にお申込みいただきますよう、ご注意ください。
・記録・広報などを目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影する場合があります。あらかじめご了承ください。
・本イベントの様子は写真や映像で記録させて頂きます。写真記録はブログなどでイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用は致しません。
・本イベントの録画・録音はご遠慮ください。

【SHIBUYA QWSにお越しになる方へ】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点で、ご同意頂いたとみなします)
・SHIBUYA QWSエントランスでの検温・手指の消毒、館内でのマスク着用をお願いいたします。
・検温で37.5°以上の場合、ご入館をお断りさせていただくことがございます。
・感染を疑う症状が出ている場合や当日体調が優れない場合はご来館をお控えいただきますようお願いいたします。

【オンラインイベント参加に伴う注意事項】※必ずお読みください
(お申込みを頂いた時点で、ご同意頂いたとみなします)
・YouTubeの使用方法・操作方法については、本イベントではサポートできません。
・新たにYouTubeアプリをインストールした場合などにおけるPCトラブルなどは保証しかねますので、自己責任のもとご使用ください。
・各種アプリは最新版にアップデートしてからご利用ください。
・配信URLを他の方に知らせたり、SNSなどで公開しないようお願いします。
・回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が発生する可能性がございます。
・予期せずネット環境が乱れる可能性がございます。予めご了承ください。
・本イベントの様子は写真や映像で記録させて頂きます。写真記録はブログなどでイベントレポートとして掲載する場合があります。目的外使用は致しません。
・本イベントの録画・録音はご遠慮ください。
・プライバシー保護の観点から、無断に画面をスクリーンショットや撮影等をすることはご遠慮ください。
・後日配信するための動画の撮影や、チャットの事後共有を行う予定はございません。
・YouTubeのチャット機能による登壇者への質問を可能としますが、迷惑行為だと主催者側が判断した場合は退場を依頼することとし、今後の参加をお断りさせていただくことがありますので、ご了承ください。

主催:SHIBUYA QWS Innovation協議会/東京大学教養学部附属教養教育高度化機構
共催:東京大学

■ABOUT SHIBUYA QWS
2019年11月1日、渋谷駅直結・直上に開業した渋谷スクランブルスクエア。SHIBUYA QWS(以下QWS)は、その15階に誕生する会員施設です。【Social Scramble Space / 渋谷から世界へ問いかける、可能性の交差点】をコンセプトに掲げ、多様なバックグラウンドを持つプレイヤー達の[問い]を交差させることで、未知の価値に繋がるムーブメントを生み出すことを目指していきます。
https://shibuya-qws.com/

■ご回答をいただいた個人情報を含む内容について
今後のイベント等のご案内、個人を特定しない形での統計データ収集のために使用し、これ以外の目的には一切使用いたしません。なお、いただいた個人情報は渋谷スクランブルスクエア(株)の個人情報管理規定に基づき、管理し、また、使用後は適切な方法で廃棄処分いたします。

■キャンセル手続きについて:
・イベント開始前までにキャンセル手続きを済まされた方のみ、チケット代金を返金いたします。
・手続きの詳細、返金にかかる日数や手数料については下記URLをご確認くださいませ。
https://help-attendee.peatix.com/ja-JP/support/solutions/articles/44001822284-%E4%B8%BB%E5%82%AC%E8%80%85%E3%81%AB%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%92%E4%BE%9D%E9%A0%BC%E3%81%99%E3%82%8B

■当イベントの記載情報について
登壇者やプログラムに関する情報については、変更や追加決定事項があり次第、随時更新をさせていただきます。(2020年10月17日更新)

Contact Us お問い合わせ

お気軽にお問合せください
お問い合わせ