一覧へ戻る

  • QWS
  • イベント
  • 日本の伝統を現代の生活に取り入れるには?〜和紙で愉しむジャバラケース

受付中

‘20/03/12 (木)

- ‘20/03/12 (木)

日本の伝統を現代の生活に取り入れるには?〜和紙で愉しむジャバラケース

イベント概要

日付

2020/03/12(木)~
2020/03/12(木)

時間

19:00 - 20:00(18:30開場/受付)

場所

スクランブルホール (SHIBUYA QWS内)

参加費

2300円 (材料費)

和紙で愉しむジャバラケース〜日本の伝統を現代の生活に取り入れるには?〜

〜日本の伝統を現代の生活にアレンジするには?〜和紙で愉しむジャバラケース

日本の伝統的な紙『和紙』は1400年もの歴史があります。
その始まりは、国家→貴族→武士→町人という流れで普及してきました。

薄くて、丈夫で、長持ちする特徴があり、この和紙を作る技術が発達したのは平安時代。
現代では、ユネスコの無形文化遺産に登録されました。
近年では和紙のマスキングテープが普及し、海外では『washi tape 』として販売されています。
このように、和紙と日本の技術力の高さを融合させたモノづくり。
日本の古き良き文化を、世界に発信し繋げていく。
和紙をアクセントに簡単なジャバラケースを作ってみませんか。

◆日時
3月12日(木) 19:00~20:00(18:30開場/受付)

◆料金
1人料金 材料費 ¥2300(税込)
※会場で現金にてお支払いいただきます。

◆イベントスケジュール
19:00~    和紙についての説明
19:05~ 体験
(内容) お好みの和紙を選んで、厚紙本体とジャバラに貼っていきます。簡単なジャバラも作ります。
19:50~ アイデア交換

◆会場
東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)15階
CROSS PARK(SHIBUYA QWS内)

講師

大槻 香蘭
茶箱デコレーション&カルトナージュOrchid Leaf主宰
都内、近郊の定期講座をはじめ、地方出張講座、海外出張講座、イベント講座など多数経験し、
現在、よみうりカルチャー川越にて定期講座開講中。

 

◆主催
ラブジャパンブランド
日本文化発信CCITプロジェクト

イベント概要

日付

2020/03/12(木)~
2020/03/12(木)

時間

19:00 - 20:00(18:30開場/受付)

場所

スクランブルホール (SHIBUYA QWS内)

参加費

2300円 (材料費)